無職で借りるカードローン

無職でも借りられるカードローン

無職は、カードローンで借金できませんか?
できません。収入がない人、返済の見込みが持てない人は対象外です。

 

楽天銀行のカードローン
楽天銀行のカードローンは無職の年金受給者は対象外なんでしょうか。
楽天銀行のカードローンの申込み条件は次の4つです。(1)満年齢20歳以上60歳以下の方(2)日本国内に居住している方(3)原則、毎月安定した定期収入のある方、または、主婦の方(4)楽天カード株式会社または株式会社セディナの保証を受けることができる方。
この4つの条件に全部当てはまらないと楽天銀行のカードローンの申込みはできません。質問者様は年金受給者なので、年齢は60歳以上ですね。質問者様は、年齢制限にかかりますから、楽天銀行のカードローンの申込みはできません。プロミス、アコムといった大手消費者金融には、69歳位迄なら申し込めるカードローンがあります。カードローンをなんとしても使いたいということでしたら、大手消費者金融のカードローンを検討してみてください。

 

 

カードローンって

テレビを見ているとカードローンのCMをたくさん見かけます。以前は消費者金融ばかりでしたが、このところは銀行もカードローに力をいれているようですね。事業資金でお金を借りるのは収益を上げて返すこともできるので理解できます。サラリーマンが無担保でお金を借りるケースは、急なリストラとか急病といったことしか思いつきません。第一、そのような事態に備えて貯蓄をするというのが常識だと思っていました。世間はそうじゃないんですね。うちの場合は世帯年収360万円程度のとても恵まれた状態ではありませんけど、一生懸命倹約して、些少の貯金も保険もあります。自分の収入に見合った生活が出来ないひとが多いのは何故でしょうか?皆様のご意見をお聞かせください。
借金に関わる仕事をしています。いろいろな人を見てきました。借りるのが当たり前の家庭で育ったため、お金が足りなければ借りて買うのが当たり前だと思ってる。お金はなくなっても、またどこかから出てきてなんとかなると思ってる。将来入る(かもしれない)お金で、今欲しい物を買うのが普通だと思っている。自分のお金と借りたお金の区別がつかない。物を買ったら手持ちのお金が減るって事が理解できない。自分の収入、最低限の生活費を把握できない。(給料明細を見ても分からない。)だから当然、遣っていい金額もわからない。なんて人たちが多くいました。お金を管理するって概念自体ないのかもしれませんね。

 

 

カードローンは主婦(無職)でも配偶者の収入があれば出来ると聞いたので三菱東京UFJ...

カードローンは主婦(無職)でも配偶者の収入があれば出来ると聞きました。それで、三菱東京UFJのテレビ窓口で申し込みをしました。けれど審査に落ちました。旦那の名前や会社名は何も入力しなかったので、これが原因だったのでしょうか?年収の金額が問題だったのでしょうか?専業主婦の方で銀行カードローンを作れた方いますか?郵便局、イオン銀行など色々ありますけど、どこが審査が通りやすいのでしょうか。専業主婦でクレジットカードつくるのはは絶対に無理ですか?是非教えてください。
当方の嫁は持ってますよ!1番手っ取り早いのは家族カードでしょう。旦那さんが持ってるカードに問い合わせして聞いてみるといいですよ!

 

 

現在無職の夫がカードローンで借金

夫は3年前にネットで収入を得ようとして会社をやめました。今も収入は思うように得られません。それで私の収入で生活費を出し住宅ローンの支払い模しています。
しかし、夫はカードローンの借金でネット収入の勉強をしていることがわかりました。
何か所からも借りていて、借金は全部で500万円を超えています。カードは会社に勤めていた時のカードです。夫は無収入なので返済することはできません。夫の考えは、離婚して住宅ローンの残っている家の名義を私にしたあと、自己破産をすることです。
結婚した後、夫に500万円位貸していますし、家にもたくさんお金を使ってきました。
私が一生懸命お金のやりくりをしているのを傍目で見ていながら借金をした上に、これまで内緒にしてきたので腹が立っています。
先日、夫が就職先を決めてきました。この後、私の貯金で夫の借金の額を減らして、私に返済してもらうのがいいのか、離婚した方がいいのか迷っています。

 

家の名義をあなたのものにしても、抵当権がついているので、夫が自己破産すれば、家は処分されるでしょう。
カードローン500万円、住宅ローン返済金、夫に貸した500万円を、就職した夫の稼ぎで返せるのなら良いと思います。
けれど、共倒れになる恐れもあります。

 

離婚して経済的自立できるのならそれもいいでしょう。その場合、今の家は諦める、夫に貸した600万円は戻らないものと思う。離婚するときは、夫は600万円の債務があること、財産分与、慰謝料の支払い義務、年金分与があることを文書化しておく事。